東京医科歯科大学 保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 在宅がんエンドオブライフケア看護学領域

在宅がんエンドオブライフケア看護学域は、在宅ケア看護学分野とがんエンドオブライフケア看護学分野の2分野から成り立っております。がん看護は治療にまつわるケア中心の時代から、がんをもって生きる人々を住み慣れた生活の場で支える時代へと変わってきました。まさに、在宅ケアとエンドオブライフケアが重要視される時代です。
2つの分野は、それぞれの専門領域の看護を追求するとともに、双方融合した形での実践的な取り組や、高度実践者の育成を行っています。
私たちの教育活動、実践活動、そして、研究活動についてご紹介いたします。ご関心のある方は、ホームページのみならず、研究室へお気軽にお出で下さい。

在宅ケア看護学分野のご紹介

地域包括ケアの時代に向けて、急性期・慢性期、および終末期において保健医療福祉が連携協働して地域で暮らす人々の健康の維持増進、疾患や障害を持って生活する人々への支援について、看護実践力を身に着ける教育と、関連する看護方法の開発、研究を行う。大学院教育では、特に終末期にある人々とその家族が、自宅で安心安楽な療養ができ、QOLを維持するための介入方法を探索、開発している。

在宅がんエンドオブライフケア看護学分野のご紹介

本分野では、がん患者を中心に、終末期に至るまえの診断・治療初期の時期、外来治療継続の時期、人生の終末の時期にある患者や家族の意思決定、症状緩和や苦悩についての体験、さらには残された遺族の体験や困難を明らかにし、看護師支援の必要性や支援のあり方を追求するとともに、研究成果の還元によるがんエンドオブライフケア看護学の構築を目指している。