東京医科歯科大学 保健衛生学研究科 看護先進科学専攻 在宅がんエンドオブライフケア看護学領域

最近の実績

研究業績

  •  Ishikawa T, Haseda M, Kondo N, Kondo K, Fukui S. Predictors of home being the preferred place of death among Japanese older people:  JAGES cross-sectional study. Geriatrics & Gerontology International. in press.
  • Jun’ichi Kotoku, Asuka Oyama, Kanako Kitazumi, Hiroshi Toki, Akihiro Haga, Ryohei Yamamoto, Maki Shinzawa, Miyae Yamakawa, Sakiko Fukui, Keiichi Yamamoto, Toshiki Moriyama. Causal relations of health indices inferred statistically using the DirectLiNGAM algorithm from big data of Osaka prefecture health checkups. PLoS One. 2020 Dec 23;15(12)
  • Yuki Moriki, Maho Haseda, Naoki Kondo, Toshiyuki Ojima, Katsunori Kondo, Sakiko Fukui, Factors associated with discussions regarding place of death preferences among older Japanese: A JAGES cross-sectional study, American Journal of Hospice and Palliative Medicine, in press.
  • Otsuki N, Sakaguchi Y, Fukui S .Measuring the benefits of respite care use by children with disabilities and their families.Journal of Pediatric Nursing. 2020 Feb.5
  • Ohama E, Fukui S .Factors Associated with Life Discussions Among Friends and Family in Japanese Depopulated Areas. The Journal of Hospice and Palliative Nursing. 2020 Apr.22(2):
  • Otsuki N, Fukui S, Nakatani E. Quality and cost-effectiveness analyses of home-visit nursing based on frequency of nursing care visits and patients’quality of life: a pilot study. the Geriatrics & Gerontology International. 2020 Jan .20(1):36-41.
  • 藤田淳子、福井小紀子、池崎澄江、辻村真由子.在宅の介護関連職における医療職との連携困難感尺度の開発.日本公衆衛生雑誌.2020.67(11).In press
  • 池田 良輔子、福井小紀子. 終末期高齢者を自宅で看取った家族への訪問看護師の支援.日本在宅看護学会誌. 2020. 8(2).22-31.
  • Ohama E, Fukui S, Fujita J, Okamoto Y, Hashiguchi T. Factors Related to Preference for Participation and Degree of Commitment in Community Activities Among Older Adults in Japanese Depopulated Areas. Health Soc Care Community. 2019 Aug 29. doi: 10.1111/hsc.12836
  • Fukui S, Fujita J,Ikezaki S, Nakatani E, Tsujimura M. Effect of a multidisciplinary end-of-life educational intervention on health and social care professionals: a cluster randomized controlled trial. Plos One. 2019 Aug 19;14(8):e0219589. doi: https://doi.org/10.1371/journal.pone.0219589
  • Fujita J, Fukui S, Ikezaki S, Tsujimura M. Evaluation of the elements of interprofessional education for end-of-life care among homecare nurses, care managers, and head care workers: A cluster-randomized controlled trial. J Interprof Care. 2019 Jul 22:1-8. doi: 10.1080/13561820.2019.1633291.
  • 大槻奈緒子、福井小紀子、藤田淳子、清水準一、林田 賢史、清崎由美子.機能強化型訪問看護事業所における利用者特性別での訪問看護ケアの実施実態.日本看護科学会誌.39,183-192. 2019.
  • 大槻奈緒子,福井小紀子,坂口幸弘.小児への訪問看護を実施している訪問看護ステーションおよび 併設事業所でのレスパイトケアの実施実態とその関連要因.日本看護科学会誌 Jpn. Acad. Nurs. Sci. 39,100-107,2019. https://doi.org/10.5630/jans.39.100
  • 大濱悦子,福井小紀子. 国内外のアドバンスケアプランニングに関する文献検討とそれに対する一考察. Palliative Care Research. 14(4).269-279.2019
  • Ishikawa T, Fukui S, Okamoto Y. Advance Care Planning and Home Death in Patients with Advanced Cancer: A Structured Interview Analysis. Int J Palliat Nurs. 2018;24(8):112-120. 10.12968/ijpn.2018.24.9.418
  • Konttila J,Siira H,Kyngäs H,Lahtinen M,Elo S,Kääriäinen M,Kaakinen P,Oikarinen A,Yamakawa M,Fukui S,Utsumi M,Higami Y,Higuchi A,Mikkonen K.Healthcare professionals’competence in digitalisation:A systematic review. Journal of Clinical Nursing.2018 Oct 30.doi: 10.1111/jocn.14710
  • 石川 孝子, 福井小紀子, 岡本 有子.訪問看護師が終末期がん患者へ予後理解を促す支援をすることの関連要因.Palliative Care Research. 13(2).153-162.2018.
  • 大宮朋子、福井小紀子、中島梨枝子.終末期の療養場所の選定における性差の検討.厚生の指標.65(5).8-14.2018.
  • Fukui S, Morita T, Yoshiuchi K. Development of a clinical tool to predict home death of a discharged cancer patient in Japan: a case-control study. International Journal of Behavioral Medicine. 2017 Apr;24(4):584-592
  • Hamano J, Morita T, Fukui S, et al. Trust in physicians, continuity and coordination of care, and quality of death in patients with advanced cancer. Journal of Palliative Medicine. 2017;20(11):1252-1259.
  • Fujita J, Fukui S, Ikezaki S, Otoguro C, Tsujimura M. Analysis of team types based on collaborative relationships among doctors, home-visiting nurses, and care managers for effective support of patients in end-of-life home care. Geriatr Gerontol Int. 2017 Nov;17(11):1943-1950.
  • 石川孝子,福井小紀子,岡本有子.訪問看護師による終末期がん患者へのアドバンスケアプランニングと希望死亡場所での死亡の実現との関連.日本看護科学学会誌.37, 123-131, 2017.
  • Okamoto Y, Fukui S, Yoshiuchi K, Ishikawa T. Do symptoms among home palliative care patients with advanced cancer decide the place of death? Focusing on the presence or absence of symptoms during home care. J Palliat Med. 2016;19(5):488-95.
  • 浜野淳、森田達也、福井小紀子ら.在宅がん患者のQOLに影響を与える医療者の関わり:J-HOPE3附帯研究.Palliative Care Research 11巻. 2016.
  • 藤田淳子、福井小紀子、岡本有子.過疎地域における医療・介護関係者の終末期ケアの実態と連携に関する調査.日本公衆衛生学会誌.63(8), 416-423. 2016.
  • Fukui S, Otoguro C, Ishikawa T, Fujita J. Survey on the use of health consultation services provided in a Japanese urban public housing area with high elderly population. Geriatrics & Gerontology International. 2015 Jan 17. doi: 10.1111/ggi.12439.
  • 藤田淳子、福井小紀子、池崎澄江.在宅ケアにおける医療・介護職の多職種連携行動尺度の開発.厚生の指標.62(6), 1-9. 2015.
  • 内堀 真弓,川村 佐和子, 本田 彰子, 牛久保 美津子: 人工呼吸療法を要するDuchenne型筋ジストロフィー療養者を介護する家族のケア提供内容と量について 2015.07; 20 (1): 73.
  • 石川孝子、福井小紀子、澤井美奈子.武蔵野市民の終末期希望療養場所の意思決定に関連する要因.日本公衆衛生雑誌.61(9), 545-555, 2014.
  • 大園康文、福井小紀子.終末期を得意とする訪問看護事業所の特徴:経営状況、医療機関との連携、および利用者の特性との関連.日本地域看護学会誌.17(1). 4-11. 2014.
  • 福井小紀子.在宅医療介護従事者における顔の見える関係評価尺度の適切性の検討.日本在宅医学会誌.16(1). 5-11.
  • 大園康文、福井小紀子、川野英子.終末期がん患者の在宅療養継続を促進・阻害する出来事が死亡場所に与えた影響.Palliative Care Reasearch (日本医療緩和学会誌), 9(1),121-128, 2014.
  • 石原由花、山崎智子、内堀真弓、本田彰子: 緩和ケア中心の療養へ移行するがん患者への看護支援の検討―患者の療養に対する認識と看護師の受け止め― お茶の水看護学雑誌 . 2014.05; 8 (2): 18-34.
  • Kurumi Toda, Sunre Park, Tomoko Yamazaki, Wataru Ohashi, Akiko Honda: Development of a nursing program based on problem-solving therapy for outpatients with recurrent colorectal cancer receiving chemotherapy. J.Ochanomizu Asso. Acad. Nurs.. 2014.01; 9 (1): 1-14.
  • 山﨑智子、浅野美知恵: グリーフを生きる人々へのケアのありかた~看護の立場から  グリーフケア. 2014.03; 1 (2): 19-34.
  • 福井小紀子、乙黒千鶴、石川孝子、藤田淳子、秋山正子.都市部公営団地に在住する健康相談未利用者における健康相談の必要性に関する認識とその関連要因の検討.日本公衆衛生学会誌.60(12). 745-753. 2013.
  • 福井小紀子.訪問看護事業所の黒字化のための経営指標の提案.社会保険旬報.2545. 22-29. 2013.
  • 藤田淳子、渡辺美奈子、福井小紀子.介護支援専門員・介護職に対する訪問看護師の連携行動とその関連要因-死亡前1か月の高齢者終末期ケアに関して-.日本地域看護学会誌.16(1). 40-47. 2013.
  • 福井小紀子:在宅看取りを支える全国訪問看護事業所の実態とその選定指標の提案~在宅看取りを支える要因分析の結果をエビデンスとして~.社会保険旬報.2488:16-23:2012.
  • 角川由香、福井小紀子:在宅療養移行を実現した末期がん患者の再入院に関連する要因.日本医療・病院管理学会誌.46(2):17-24:2009.
  • 福井小紀子:入院中の末期がん患者の在宅療養移行の実現と患者・家族の状況および看護支援・他職種連携との関連性の検討:在宅療養移行を検討した患者を対象とした二次分析の結果.日本看護科学学会誌.27(3):48-56,2007.
  • 福井小紀子:入院中末期がん患者の在宅療養移行の検討に関連する要因を明らかにした全国調査.日本看護科学学会誌.27(2):92-100,2007.
  • 石川ひろの、柏木聖代、福井小紀子、松浦志のぶ、川越厚.在宅がん末期患者のケアにおける訪問看護師と医師との連携に関する研究.プライマリ・ケア.30(3).242-247.2007.
  • 福井小紀子.入院中の末期がん患者の在宅療養移行の実現に関連する要因の検討.日本医療・病院管理学会誌.43(4):5-15:2006.
  • 福井小紀子、川越博美:在宅末期がん患者の家族に対する教育支援プログラムの適切性の検討.日本看護科学学会誌.24(1):37-44,2004.
  • 福井小紀子、猫田泰敏:一般病棟における末期がん患者の家族に対するケア提供の実態およびその関連要因の検討. 日本看護科学学会誌.24:46-54,2004.
  • 小澤元美、福井小紀子:検診機関における消化器がん患者のがん告知後の精神的状況の変化およびそれらと医師および保健師によるサポートとの関連の検討.東京保健科学学会誌.6(4):268-274,2004.
  • 福井小紀子, 小澤元美. 検診機関における消化器がん患者の病名告知後の心理的状況とその関連要因の検討:保健師・家族による心理的サポートとの関連に焦点を当てて. 日本公衆衛生雑誌. 50(7):583-593:2003.
  • 福井小紀子. がん患者の家族の情報ニーズおよび情報伝達に関する認識とその関連要因:初期と末期の比較, 日本看護科学学会誌, 22(3):1-9:2002.
  • 福井小紀子.初発乳がん患者に対する教育的グループ介入の有効性の検討:情報への満足度に関して, 日本看護科学学会誌, 21:61-70:2001.
  • 神谷昌枝, 福井小紀子, 小池眞規子, 久賀谷亮, 岡村仁, 中西達郎, 井本滋, 内富庸介.乳がん患者に対する心理社会的介入:無作為化比較試験、乳癌の臨床、15:750-51:2001.
  • 内富庸介, 福井小紀子, 久賀谷亮, 小池真規子, 岡村仁, 神谷昌枝, 井本滋, 中西達郎.術後乳がん患者に対する心理社会的グループ療法:無作為比較試験.日本癌治療学会誌35(2):255:2001.

研究発表

  • 山本 則子, 永田 智子, 成瀬 昂, 西垣 昌和, 鈴木 美穂, 田中 真琴, 佐藤 美穂子, 長江 弘子, 本田 彰子, 福井 小紀子, 山田 雅子, 深堀 浩樹, 松浦 志野, 上野 桂子. 在宅終末期ケア教育に関する全国看護系大学実態調査 シラバスからの検討. 第33回日本看護科学学会学術集会 大阪府 大阪市
  • 内堀 真弓,川村 佐和子, 本田 彰子, 牛久保 美津子. 人工呼吸療法を要するDuchenne型筋ジストロフィー療養者を介護する家族のケア提供内容と量について. 日本難病看護学会第20回学術集会 2015.07.25 東京 大田区
  • 本田彰子,山﨑智子. 変化する医療・福祉政策と在宅ケア-「今を続ける」を支えるケア-. 国際リハビリテーション看護研究会 第26回公開研修会 2015.05.16 東京
  • 山本 則子, 永田 智子, 成瀬 昂, 西垣 昌和, 鈴木 美穂, 田中 真琴, 佐藤 美穂子, 長江 弘子, 本田 彰子, 福井 小紀子, 山田 雅子, 深堀 浩樹, 松浦 志野, 上野 桂子. 超高齢社会を踏まえた医療体制の見直しに対応する看護教育の在り方 社会のニーズにこたえられる看護学教育とは. 第33回日本看護科学学会学術集会 2013.12.06 大阪府 大阪市
  • 四元加奈子,内堀 真弓, 山崎 智子, 本田 彰子. 手術後に補助化学療法を受ける大腸がん患者の療養生活の対処・調整に関する研究. 第27回日本がん看護学会学術集会 2013.02.16 金沢
  • 湯本晶代、山辺智子、本田彰子、上野まり、山﨑智子、佐藤美穂子. 認知症対応型共同生活介護における看取り支援の実際[第2報]意思決定支援に焦点をあてて. 第20回日本在宅ケア学会学術集会 2015.07.19 東京 一ツ橋
  • 山辺智子,湯本晶代,本田彰子,上野まり、山﨑智子,佐藤美穂子. 認知症対応型共同生活介護における看取り支援の実際[第1報]. 第20回日本在宅ケア学会学術集会 2015.07.19 東京 一ツ橋
  • 山﨑智子. 高度医療の中でのがん患者の療養:がんをもって日常生活を続ける. 国際リハビリテーション看護研究会 第26回公開研修会 2015.05.16 東京 四ッ谷

研究助成金

  • 文部科学研究費補助金基盤研究C 地域包括ケアにおける連携・協働のコア学習内容に基づいた個別学習プログラムの開発 研究代表者:本田彰子(分担研究者 山﨑智子 内堀真弓)
  • 文部科学研究費補助金基盤研究C 患者との死別を体験する看護師のグリーフワークを支援するプログラムの開発 研究代表者:山﨑智子(分担研究者 本田彰子 内堀真弓)
  • 文部科学研究費補助金基盤研究C 糖尿病足病変ハイリスク患者のセルフモニタリング機能促進看護支援プログラムの開発 研究代表者:内堀真弓(分担研究者 本田彰子 山﨑智子)